ツーバイフォー工法の木造一戸建て

ツーバイフォー工法とは、木造一戸建ての工法の1つで、海外ではごく一般的な建築工法です。

欧米ではほとんどがこの工法で建てられており、最近日本でも認知され始めてきました。
欧米の工法と聞くと、それだけで優れていると思う人がいます。
確かに欧米の建築技術は日本より勝っており、家の寿命も長いですが、ツーバイフォーと軸組工法にはそれぞれにメリットがあり、一概にツーバイフォーが優れているというわけではありません。

それぞれの特徴を知った上で、どちらの方法で建てるか決めると良いでしょう。

ツーバイフォーは、簡単に言えば、壁、床、天井で建物を支える工法です。
木造軸組工法が細い柱で支えるのに対し、大きな面で支えるため、耐震性に優れているといわれています。

枚方市の分譲住宅について解説いたします。

耐震性に優れていると聞くと、誰でもそのほうが良いと思うでしょうが、正しくは揺れを感じにくい工法です。

一戸建て選びで耐震性は1つの大きな判断材料となりますが、正しく理解する必要があります。



他の工法では耐えられない大きな地震に対してツーバイフォーなら耐えられる、という意味ではなく、あくまでも安定感があるので揺れを感じにくい、ということです。
もちろん揺れを感じにくいほうが良いでしょうから、これも判断材料になるでしょうが、過信するのは良くありません。


またツーバイフォー工法で建てられた一戸建ては、壁が建物を支える重要な役割をもっていますので、簡単に動かしたりなくしたりはできません。



つまりリフォームはしにくいということになります。